--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/24.Tue

ウインドウフレームをDIY その1

只今、杉の荒材(絵本ディスプレイラックを作ったときと同じ材木)を使って木の窓枠をDIY中です。
作業部屋が極寒のため、足が遠のき(笑)のんびり作業でなかなか進んでいないのですが、途中経過の記録です。

<設置予定場所>
・トイレ (1F&2Fの2箇所) 
・階段の窓 (3箇所) 
・3Fの渡り廊下

と、同時に大きさの異なる窓枠(3サイズx6箇所分)を作っているので、うっかり切る寸法を間違えて、
木材が足りなくなり、何度も近所のホームセンターへ足を運んで材料を買い足したり…
とハプニングや試行錯誤を繰り返しながら、ようやく形になってきました。

<作った手順>
SPF(1x4)材(幅90mm)で元の窓枠にぴったり収まるようにフレームを作る。
(前にはめ込み棚を作った要領です⇒※キッチン ※玄関

フレームの内側に収まる大きさに合わせて窓枠を2対作る。

・・・で今こんな感じになりました。
わく   わく1


とりあえず設置予定場所に立て掛けただけですが、おしゃれな雑貨屋やカフェっぽくなってるでしょうか(^^)?
ちなみにガラスやアクリル板は貼っておらず、本当に木枠だけです。
3F3F   トイレトイレ   かいた#12441;ん階段


最初は、窓枠をフレームからは出した状態で取り付ける予定で木材の断裁をお店にお願いしていました。
でも、壁よりも出っ張っていると、(特に階段は頻繁に昇降するので・・)引っ掛かって危ないと思い、
フレームの内側に窓枠がすっぽり収まるように急遽、サイズ変更をしました。
その為、自分で鋸で切って大きさを調整をしたのですが、不器用なため、切り口がガタガタになってしまいました・・・(^^;)

そんなガタガタな小口ですが、最初はボンドのみで接着(無謀・・・)しました。
それでもなんとかくっついたのですが、大きな窓枠だと重さもあるし心許ないと思い、ダボ継ぎに始めて挑戦しました!
とはいえ、初心者…きちんとしたやり方が良く分からず、とりあえず、継合わせたい面の一方のテキトーな位置に
6mmの穴を空け、ダボを差し込み、接合側のダボ先にインクをつけて、大まかな接合ポイントを見つけ、
もう一方も穴を空けて、継いでみたのですが、若干ズレてしまい、正確さに欠けたものになってしまいました。
その後、リサーチをし(笑)、ダボ用のドリルビットとダボの凹凸の位置を決めるセンターポンチなるものをゲットし、
きちんと作業することにしました。
しかし、木が薄い(T=10mmほど)のため、6mmのダボ穴を開けるのが非常にムヅかしく、
それでも木割れしてしまったところも・・・(^^;)
た#12441;ほ#12441;ダボ継ぎ    つなき#12441;め重なる部分を削り   くろすくっつけた。

あとはいつものように少し歪んでいて、きっちりと窓のフレームに収まらないので
削ったりして微調整して・・・ヒンジでフレームと窓枠を取り付けて・・・
つまみ(取っ手)を取り付けて・・・ペイント・・・
とまだまだ作業は続きます・・・!!


Thank you for your time :)
読んでくださってどうもありがとう!
よければポチリしてくださいね☆
hope you have lovely day!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

スポンサーサイト
DIY | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。