--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/29.Mon

プレバースデー

いつもイベントの時に、だーさんが連れて行ってくれる
下町の隠れ家レストランでプレバースデーのお祝いをしてくれました(^^)

Champagne: Alain Robert(アランロベール・メニル・レゼルヴ1990)

アランロヘ#12441;ール

大好きなブラン・ド・ブランのシャンパン? 
持ち込ませていただきました。

First plate: とびことサーモンのムース
とひ#12441;ことサーモンのムース

ぷちぷちとした食感が楽しい一皿。ムースとの相性もよく
なによりシャンパンとよく合う!
ちなみに2色のとびこが乗っかってますが、とびこ本来の色は
上のやまぶき色に近いイエローなんだそうです。
私たちの知ってるとびこのどぎついオレンジは着色後だそうです。へー。

Wine: Ch.Pontet Canet 1981(シャトー・ポンテカネ1981)
シャトーホ#12442;ンテカネ

産まれ年のワイン。
同じ月日をボトル内でひたすら熟成していたと思うと
ロマンを感じずにはいられません。
最初は少し酸味が強く感じられましたが、口当たりは丸く
スルスルと飲めてしまいます。

Second plate: フカヒレの姿煮 ウニソース
ふかひれの姿煮 ウニソース

フレンチでフカヒレが出るなんて初めてだったので、
実は、メジャーな食材なのかと思ってお聞きしたら、
本場フランスでは
エイのフィレを食べることはあるけど、サメのフィレは、食べる習慣は
ないとのこと。
フカヒレって中華食材ってイメージだったので、なんとなく安堵(笑)
プリプリの食感が堪りません。ウニソースも濃厚で
一緒に出てきたバジルを練りこんだパンとの相性ばっちり!
ハ#12441;シ#12441;ルのハ#12442;ン

Third plate: 佐賀牛の煮込み
佐賀牛の煮込み

ほろほろとほどける柔らかさ。またソースの程よい酸味が絶妙で
一緒に頂いた赤ワインと完璧にマッチしました。
ソースの説明のくだり、ほろ酔いで忘れてしまいました(^^;)

オードブル: フォアグラとサマートリュフのスフレ&自家製のハム2種(牛・豚)とゴルゴンゾーラチーズ
フォアク#12441;ラとサマートリュフのスフレオート#12441;フ#12441;ル

お食事をかなり堪能した後でのまさかのオードブル(笑)
自家製のハムは、ミルフィーユのように重ねて作られていて、
層ごとに味が異なり、とっても深い味わい。
チーズもまったりのコクで期待を裏切らない味です。
けど、大盛サービスしていただきすぎて、残してしまいました・・すみません。

Dessert: チャンキーモンキー2011
チャンキーモンキー

以前も食べたことがあるバナナとチョコのケーキ。
スポンジ部分が前よりもしっとりしていて、私こういうの大好きです(^^)
甘さも程よくてぺろりと頂きました!

チビコのためのプレート:
ちひ#12441;このこ#12441;はん

・エビのグラタン
・ハンバーグのパイ包み
・パン

パン大好き&肉食系のチビコは、エビグラタンはあまり
この中ではお好きでなかったようで、パパママで頂きました(笑)
それ以外は、ほぼペロリと完食!
その後、満足したようでしばらくフロアを徘徊⇒寝てしまいました zzz・・・

いつも美味しくてサプライズなお食事を提供+ステキな食べ物ストーリーを教えてくださり
お店の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。
いつも帰る頃は、幸せな気持ちになります。
三十路手前に、ほっこり充電が出来ました(^^)
どうもありがとうございます。
スポンサーサイト
event | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。